遡り日記です。
書くの忘れがち、誉田です。

残暑厳しいですね。
毎日死にそう。
昨日芝居観に行きましたが、死ぬかと思った。
昼間に行動したらヤバイですね。
ずっと文句言ってました。
この暑さは人間を歪ませます。



さて、8月26日の稽古。
どんなんだったかなぁ。
とはいえ粛々とできるところをやるのです。
稽古ってそれしかできないですし。
今はまだ色々お試し期間中。


岩橋の傾向として、稽古に来てる人のシーンは濃厚になりがち。
やっぱり、当て書きが多いので、影響されるんでしょうか。
間も無く8月が終わりますが、ここへ来てちょっと難産な感じです。
いろんな制約を感じつつなので、
考えすぎているのかもしれません。


芝居はお客様ありきで、
皆様に観ていただくことで完結すると思いますので、
良い作品にしようとそれぞれが奮闘しているのです。


あと1ヶ月少し。
まだまだ良くなると信じて。
頑張りますよ。


このご時世ですから、お客様にも色んな制約をお願いすることになってしまいます。
芝居のチカラを信じ、エンタメを理解してくださるお客様と共に、
この難局を乗り越えたいなぁとつくづく思います。